設楽貞道(読み)しだら さだみち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

設楽貞道 しだら-さだみち

1534-1597* 戦国-織豊時代の武将。
天文(てんぶん)3年生まれ。代々の三河(愛知県)川路城主。永禄(えいろく)4年今川氏真(うじざね)にそむき,徳川家康につかえる。6年の一向一揆(いっき)をしずめ,三方原(みかたがはら)の戦い,長篠(ながしの)の戦いでも戦功をたてた。慶長元年12月27日死去。63歳。通称は神三郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android