コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツテ

デジタル大辞泉の解説

つて【伝】

離れている人に音信などを伝える方法・手段。また、仲立ち。「連絡するがない」
自分の希望を達するための手がかり。縁故。てづる。「を頼って就職する」
人の話。人づて。
「―に聞く、虎狼の国衰へて、諸侯蜂のごとく起こりし時」〈平家・九〉
もののついで。
「―に見し宿の桜をこの春は霞へだてず折りてかざさむ」〈椎本

てん【伝/殿/電】[漢字項目]

〈伝〉⇒でん
〈殿〉⇒でん
〈電〉⇒でん

でん【伝】

昔からの言い伝え。また、その記録。「家々の」「左甚五郎作」
個人の生涯を記録したもの。伝記。「古書にそのが見える」「トルストイ
経書などの注釈。「春秋公羊」「古事記
やりかた。方法。「そのでやろう」
律令制で、諸国の各郡に置き、伝馬(てんま)を用意して官人の旅行に利用した設備。

でん【伝〔傳〕】[漢字項目]

[音]デン(呉) テン(漢) [訓]つたわる つたえる つたう つて
学習漢字]4年
〈デン〉
つたえる。つたわる。「伝言伝授伝染伝送伝達伝統伝播(でんぱ)遺伝喧伝(けんでん)誤伝直伝(じきでん)所伝宣伝相伝秘伝流伝(るでん・りゅうでん)
言い伝え。「伝説俗伝
経書や詩文などの注釈。「経伝古事記伝
人の一代記。「伝記小伝評伝略伝列伝自叙伝
人や物を送る中継所。宿場。「駅伝
〈テン〉5に同じ。「伝馬
[名のり]ただ・つぐ・つた・つたえ・つとう・つとむ・のぶ・のり・よし
[難読]言伝(ことづて)伝手(つて)手伝(てつだ)う

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

でん【伝】

鹿児島の芋焼酎。黄麹を用いてで仕込み、木桶蒸留のあと甕で貯蔵する。原料はさつま芋、米麹。アルコール度数25%。蔵元の「濱田酒造」は明治元年(1868)創業。所在地はいちき串木野市湊町。

出典 講談社[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

鹿児島県、濱田酒造が製造する焼酎の商品名。黄麹を使用した甕仕込み、木桶蒸留、甕貯蔵の本格芋焼酎。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

でん【伝 zhuàn】

(1)中国で,後世に伝えるべきりっぱな書物をいう。経(永遠の真理を論じた書)が聖人の著作であるのに対して,伝は賢人著述である。《博物志》に〈聖人の制作を経と曰い,賢人の著述を伝と曰う〉と見える。(2)経書の意義を解釈し敷衍した書物をいう。たとえば《春秋》の三伝,すなわち《公羊(くよう)伝》《穀梁伝》《左氏伝》がこれに当たる。《漢書》顔師古注に〈伝とは経義を解説した書を謂う〉と見える。(3)文体の名。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

つて【伝】

〔動詞「つつ(伝)」の連用形から〕
相手に伝えるための手段や方法。また、仲立ち。 「 -があればすぐにも届ける」
自分の希望や目的を実現させるための、てがかり。てづる。 「 -を求める」 「有力な-がない」
人づて。 「 -に聞く、虎狼の国衰へて/平家 9
何かのついで。 「 -に見し宿の桜をこの春は/源氏 椎本

でん【伝】

古くから言い伝えられていること。また、その話。 「 -定家筆」
人の一生を記したもの。伝記。
ある型にはまったやり方。方法。 「いつもの-で行こう」
律令制下の交通通信制度の一。七道沿いの郡家に伝馬を五頭ずつ配置し、地方官の赴任、囚人の輸送など、不急の往来に用いた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

伝の関連キーワードヨハネ(バプテスマのヨハネ)フーリエの熱伝導の法則護持院ヶ原の仇討チュニャンジョンベッテルハイム唐大和上東征伝鑑真和尚東征伝都伝内(2)都伝内(1)春秋左氏伝三外往生記春秋公羊伝春秋穀梁伝『春秋』モーロア鹿児島県春秋三伝隠公左伝天馬連用形

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

伝の関連情報