コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

詠む ナガム

デジタル大辞泉の解説

なが・む【詠む】

[動マ下二]《「長む」の意からという》
声を長く引く。また、声を長く引いて詩歌などをよむ。
「女房の舟中に忍びたる声にて、淀の渡のまだよふかきにと―・められたりし」〈十訓抄・一〉
詩歌・俳句などを作る。
「彼の在原のなにがしの、唐衣きつつなれにしと―・めけん」〈平家・一〇〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ながむ【詠む】

( 動下二 )
声を長く引いて詩歌を吟詠する。 「こぼれてにほふ花ざくらかと-・めければ/今昔 27
詩歌を作る。詠む。 「山辺の赤人はあしべのたづを-・め給ふ/平家 2

よむ【詠む】

( 動五[四] )
〔「読む」と同源〕
和歌・俳句などを作る。ある事柄を歌や句として表現する。 「愛する人との別れを-・んだ歌」 「男はじめころ-・んだりける/大和 89
[可能] よめる

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

詠むの関連キーワード継ぎ歌・続ぎ歌・継歌・次歌連歌と盗人は夜がよい貧の盗みに恋の歌左千夫歌集小林一句名残の花一夜百首独り連歌句題和歌大藤健史栗の本連歌師歌詠み文字鎖百首歌譬喩歌柿の本一言題大句数狂歌師

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

詠むの関連情報