コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

詠史詩 えいししyŏng shǐ shī

世界大百科事典 第2版の解説

えいしし【詠史詩 yŏng shǐ shī】

歴史故事に題材を求めた中国の詩。後漢の班固の《詠史詩》はその最も古いもので,前漢文帝の時代の孝女緹縈(ていえい)の物語を主題として感慨をうたう。6世紀初に編まれた《文選(もんぜん)》では,詩の一体として〈詠史〉の部を設け,王粲(おうさん)〈詠史詩〉,曹植(そうしよく)〈三良詩〉以下,21首の作品を収める。王粲,曹植の詩は,ともに春秋秦の穆公(ぼくこう)に殉死した3人の忠臣の話をうたっている。この種の詩は歴史に借りて時事を風刺することが多く,3世紀末晋の左思の〈詠史詩〉8首はその典型といえる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

詠史詩の関連キーワード島田忠臣