コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

王粲 おうさんWang Can

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

王粲
おうさん
Wang Can

[生]熹平6(177)
[没]建安22(217)
中国,後漢末~三国時代の魏の文学者,詩人。山陽高平 (江蘇省くい県) の人。字,仲宣。貴族の家柄に生れ,初め献帝に従って移った長安で当時第一の学者蔡 邕 (さいよう) に目をかけられた。やがて長安が混乱に陥ると,荊州 (湖北省) に逃れ劉表に頼ったが,のち曹操に帰順し,曹操が魏王となると侍中として制度の改革などにあたった。曹一族を中心とする文学集団「建安七子」の筆頭として,曹植に次ぐ名声があり,当時の戦乱と,それによる荒廃をうたった『七哀詩』『従軍詩』などは,迫力あるリアルな描写で,建安の五言詩を代表する作品といえる。またでも,やはり写実的な『登楼賦』のすぐれた抒情は有名である。建安の末年,呉を征する魏軍に従って病死した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

おう‐さん〔ワウ‐〕【王粲】

[177~217]中国、後漢から魏(ぎ)にかけての文人高平山東省)の人。字(あざな)は仲宣。博覧多識で知られる。詩賦に長じ、建安七子の一人。「従軍詩」「七哀詩」「登楼賦」など。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

おうさん【王粲】

177~217) 中国、三国時代魏の詩人。字あざなは仲宣。建安七子の一人。「従軍詩」「七哀詩」など二六首が伝わる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

王粲
おうさん
(177―217)

中国、魏(ぎ)の文人。字(あざな)は仲宣(ちゅうせん)。山陽高平(山東省鄒(すう)県)の人。名家の出身であるが、幼少年期に後漢末の動乱に巻き込まれ、南方の荊州(けいしゅう)(湖北省)に逃れて、16年間その地で不遇のまま過ごした。208年、曹操(そうそう)のもとに身を寄せたあと、軍謀祭酒などを経て、魏の建国後は侍中(じちゅう)に昇り、法令制度の整備に尽力、最後は曹操に従って呉(ご)との戦いに行く途中、病没した。幼いときから異才を称されていたが、荊州の地でつくられた詩文は悲哀に満ちた美しい作品が多く、とくに『文選(もんぜん)』に収める「登楼(とうろう)の賦(ふ)」「七哀詩(しちあいし)」は、当時の社会情況をも反映する彼の代表作である。曹操の配下に入ってからはその詩文の才能を高く評価され、人々の尊敬を受けた。「建安七子(けんあんしちし)」の筆頭に数えられる。[佐藤 保]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の王粲の言及

【詠史詩】より

…後漢の班固の《詠史詩》はその最も古いもので,前漢文帝の時代の孝女緹縈(ていえい)の物語を主題として感慨をうたう。6世紀初に編まれた《文選(もんぜん)》では,詩の一体として〈詠史〉の部を設け,王粲(おうさん)〈詠史詩〉,曹植(そうしよく)〈三良詩〉以下,21首の作品を収める。王粲,曹植の詩は,ともに春秋秦の穆公(ぼくこう)に殉死した3人の忠臣の話をうたっている。…

【賦】より

… 六朝時代の初期になると,それまでの叙事をこととする雄大な長編のほかに,抒情的な短編の賦が現れて,新しい境地を開拓した。王粲(おうさん)の〈登楼の賦〉や曹植の〈洛神(らくしん)の賦〉などは,抒情小賦の代表的な成果である。さらに六朝後期には,駢文(べんぶん)の発展と呼応して,対偶表現は一段と徹底し,ほとんど全編が対句から構成されるまでになったほか,平仄(ひようそく)を整えて音声上の効果をよくするくふうも導入された。…

※「王粲」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

王粲の関連キーワード中国文学鄭光祖詠史詩佐藤

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android