コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

詩想 シソウ

デジタル大辞泉の解説

し‐そう〔‐サウ〕【詩想】

詩を生み出すもとになるような感情・思考。「詩想に富む人」「詩想がわく」
詩に歌われている思想・感情。「清新な詩想がみなぎる作品」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しそう【詩想】

詩を生み出すもとになる感情・着想。 「 -がわく」
詩の中に表現されている思想・感情。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

詩想の関連キーワードシラー(Friedrich von Schiller)エウジェニオ モンターレジョヴァンニ コミッソルコント・ド・リールフランシス カルコ観測されたビーナスサン・タマンコールリッジツベターエワグランボアヤズイコフ御宿(町)西脇順三郎詩嚢・詩囊モンターレエリコン山マレルブ堀口大学アングルガウディ

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

詩想の関連情報