五官(読み)ごかん

精選版 日本国語大辞典「五官」の解説

ご‐かん ‥クヮン【五官】

〘名〙
① 視覚、聴覚、嗅覚(きゅうかく)、味覚、触覚の五つを感覚する器官。目、、鼻、皮膚の総称。感官。仏語では五根。
※江談抄(1111頃)四「百里奚車長可轄、五官掾火遂無燃」 〔荘子‐天運〕
② 京都の上賀茂神社の神職の位の五つ、神主、禰宜(ねぎ)、権(ごん)、祝(はふり)、権祝の称。
※賀茂別雷神社嘉元年中行事(1303‐06頃)「一、五官の内社務不参之時は禰宜方の社司を以すゑなり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

占い用語集「五官」の解説

五官

人相を見る際に基本となる、・目・耳・鼻・口の5つの部位のこと。なお口には、・舌も含まれる。

出典 占い学校 アカデメイア・カレッジ占い用語集について 情報

デジタル大辞泉「五官」の解説

ご‐かん〔‐クワン〕【五官】

人間が外界事物を感じる五つの感覚器官。目・耳・鼻・舌・皮膚。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「五官」の解説

【五官】ごかん

官能。耳・目・鼻・口・)。

字通「五」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android