コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大友記 おおともき

1件 の用語解説(大友記の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

おおともき【大友記】

豊後を本拠とした大名大友宗麟,義統(よしむね)の時代を中心に,大友氏の系図,大友氏の始祖能直の源頼朝落胤説,親世の九州探題就任説などを記した書。史料的価値は少ない。著者と成立時期については〈高橋記〉のもとになったと伝える〈治乱記〉は実は〈大友記〉の別名で,〈高橋記〉の奥書から著者存心和尚,成立は近世初期とする説があるが,同書との共通点は少なくこの説は成立しがたい。文章・内容からみて,近世中期に柳河藩関係者の手になったものであろう。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大友記の関連キーワード大友宗麟大友氏大友義鎮キリシタン大名大友義孝志賀親度志賀親守立花鑑載田原氏能宗麟

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone