コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

誉田屋徳隣 ほんだや とくりん

2件 の用語解説(誉田屋徳隣の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

誉田屋徳隣 ほんだや-とくりん

こんだや-とくりん

誉田屋徳隣 こんだや-とくりん

?-? 戦国-織豊時代の茶人。
誉田屋宗宅の子。和泉(いずみ)(大阪府)堺(さかい)の町衆。武野紹鴎(たけの-じょうおう)(1502-55)の弟子。のち徳川家康につかえ,茶頭となった。名は徳林とも。通称は「ほんだや」ともよむ。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

誉田屋徳隣の関連キーワード茜屋宗佐天野屋宗也石津屋宗嬰糸屋宗有誉田屋宗宅塩屋宗悦重宗甫太子屋宗高太子屋宗有山本道勺