コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

誉田屋徳隣 ほんだや とくりん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

誉田屋徳隣 ほんだや-とくりん

こんだや-とくりん

誉田屋徳隣 こんだや-とくりん

?-? 戦国-織豊時代の茶人。
誉田屋宗宅の子。和泉(いずみ)(大阪府)堺(さかい)の町衆武野紹鴎(たけの-じょうおう)(1502-55)の弟子。のち徳川家康につかえ,茶頭となった。名は徳林とも。通称は「ほんだや」ともよむ。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

誉田屋徳隣の関連キーワード誉田屋宗宅銭屋宗安茶人

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android