コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

誓願式 せいがんしきprofessio religiosa[ラテン]

世界大百科事典 第2版の解説

せいがんしき【誓願式 professio religiosa[ラテン]】

カトリック教会の修道生活に固有な修道誓願の典礼。入会後,所定の修練期を終えてから有期誓願を立て,続いて一定の期間,誓願更新を繰り返し,最後に終生誓願を立てる。誓願式は,いずれもミサの中で,ことばの典礼に引き続いて行われる。内容は,福音の勧告に基づく貞潔,清貧,従順の誓いが中心となっているが,それぞれの修道会の固有の霊性と目的によって生涯をその会を通して神に奉献することを誓う。そのためその修道会の上長が誓願に立ち会う(《誓願式Ordo professionis religiosae》1970)。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

誓願式の関連キーワード着衣式

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android