コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

説戒 セッカイ

大辞林 第三版の解説

せっかい【説戒】

受戒の者に戒律を説くこと。特に、半月ごとに同じ地域の僧を集めて戒本を読み聞かせ、自己を反省させ、罪を告白させる集まり。布薩ふさつ

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の説戒の言及

【布薩】より

…仏教用語で,修行者たちが毎月2回定期的に集まり,自分の犯した罪を告白,懺悔(さんげ)し,清浄な生活を送ることを確認しあう儀式。説戒ともいい,サンスクリットのウパバサタUpavasathaの俗語形を音写したもの。毎月の満月と新月の日(15日と30日)に行われ,出家者は原則として全員出席しなければならない。…

※「説戒」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

説戒の関連キーワード集まり道融真盛布薩説教受戒戒律戒本明恵

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android