コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

読書人 ドクショジン

デジタル大辞泉の解説

どくしょ‐じん【読書人】

よく本を読む人。読書を好む人。
昔、中国で、学問を積み、科挙を受けて官になった人。士大夫。また、学者・知識人

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

どくしょじん【読書人】

読書を好む人。よく書物を読む人。
中国で、学者や知識人の称。士大夫したいふ

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の読書人の言及

【地主】より


[宋・元]
 11世紀前半,北宋中期のある文献では,一つの県で土地を所有している家は3000戸,その約3分の1の1000戸が地主の家であった。読書人として儒教的教養を修得し,科挙試験に応ずるのは多くの場合この地主の子弟であったが,合格して高官となる者を出し,官戸(かんこ),形勢戸(けいせいこ)と呼ばれる家は100戸から200戸,あるいはそれ以上であったという。本来地主の家は社会秩序のかなめとして国家から重視されていたが,同時に地方官府とその財政を支えるための多額の金銭的支出をともなう労役,すなわち徭役(ようえき)を国家から賦課されていた(役法)。…

【中国】より

…もし現代中国における旧中国との連続・非連続を論ずるなら,官僚制,官僚主義こそ連続の最も顕著な例であろう。ところでこの官僚は,同時に非連続的な面ももっているのであって,それはすなわち,旧中国の官僚が科挙試験を通過した士大夫=読書人よりなっていたという点である。ここに一つのきわめて特徴的なエピソード,《紅楼夢》と並ぶ清朝の代表的小説《儒林外史》第8回に見えるエピソード,を紹介しておきたい。…

※「読書人」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

読書人の関連キーワードカーター(Howard Carter)ファン・ボイ・チャウラ・ブリュイエールマテオ・リッチ百目鬼 恭三郎物語戦後文学史卿・大夫・士性の心理学田所 太郎松村 喜雄小笠原賢二大義覚迷録大河内昭爾増田 五良太平天国内田魯庵浮生六記川西政明モーリー儒林外史

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

読書人の関連情報