コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

士大夫 したいふshi-da-fu; shih-ta-fu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

士大夫
したいふ
shi-da-fu; shih-ta-fu

中国の階級の一つ。周代諸侯に仕える卿,大夫,士の3階級のうち貴族である大夫と,支配階級として最下位の士との併称官職についている者をさす場合,軍士,将校をさす場合などがあり,周の滅んだあとも引続いてこの名が用いられ,六朝では上流階級を,宋以後は読書人知識階級をこう呼んだ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

士大夫【したいふ】

旧中国における支配階級の称。古代社会には天子・諸侯の下に大夫・士・庶民があったという伝えに基づく。封建制がくずれると,士大夫は上級官吏の呼称となり,宋代以後は科挙出身の官吏を指すようになった。
→関連項目琴棋書画六芸

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

したいふ【士大夫 shì dài fū】

旧中国における支配階級の称。古代社会に天子,諸侯,大夫,士,庶民の5階層があったという伝えに基づく。士以上は支配階級に属し,君主の庶民統治を助けるものであるが,ただし士大夫の語の意味するところは,時代によって異なる。
[古代]
 漢代までの士大夫の語は,文字どおりに士,すなわち下層の支配階級と,大夫すなわち上層の支配階級とを併せ指した。当時は軍事優先の社会であったので,士大夫は特に軍隊の幹部,将と士とを意味した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

士大夫
したいふ

一般に、旧中国社会で上流階級をさす語。古代には天子、諸侯、大夫、士、庶民の5階級があったと伝えるが、天子、諸侯は大小の君主で特別なものであるから除外すると、大夫と士が支配階級であり、被支配階級の庶民と対立した。統一国家、漢の下で士と庶民の別がなくなったが、新たに官吏と人民との別が生じ、官吏の地位が世襲的となり、士族と称せられ、六朝(りくちょう)を中心とする貴族政治の時代が出現した。宋(そう)代以後になると世襲貴族が没落し、かわって科挙による官僚階級が形成され、士大夫、読書人などと称せられた。彼らの間では学問とともに高雅な趣味が尊ばれ、たとえば彼らが余技として描く絵画は士大夫画(文人画)とよばれ、職業画家の絵よりも高く評価された。この形勢は清(しん)末まで続いた。[宮崎市定]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の士大夫の言及

【三国時代】より

…何進はまた宦官勢力を一掃すべく山西方面の軍団長董卓(とうたく)に入朝を要請した。董卓は宦官たちを殺戮したのち朝権を握り,暴挙を行ったので,士大夫層は袁紹を盟主として董卓討滅の軍を起こした。呉の始祖である孫堅もこのとき袁紹の弟袁術(えんすい)の部下として活躍した。…

【朱子学】より

…唐末五代の動乱を平定して中国を統一した宋王朝は,従来の社会を再編成して新たな体制を作りあげた。そのもっとも重要なポイントは,社会の指導層がそれまでの貴族から士大夫という新興階級に移り,その頂点に強力な権力をもった皇帝が君臨したところにあった。士大夫とは,貴族のような固定的な階級ではなく,文化的には知識人,政治的には皇帝独裁制を支える官僚,経済的には地主であるような存在であるが,彼らに課せられた任務は,この時代に整備された科挙(官吏登用試験)を通過して政治にかかわり,その体得した学問を現実化してゆくことであった。…

【宋】より

…つづく太宗は,太祖の諸政策を継承するとともに,さらにいっそう強化して,宋朝の基盤をかためた。なかんずく,科挙の門をひろげて大量の知識人層を官僚に登用したことは,士大夫階級が政治,社会の指導層として進出する道を開くことになった。 宋朝は中国統一によって国内の平和と繁栄をもたらしたが,対外的にはつねに周辺の新興国家の圧迫をうけた。…

【中国料理】より

…二者,兼ね得べからざれば,魚を舎(す)て熊掌を取るものなり〉とは孟子の言葉である。料理が古代中国から士大夫の享楽であり,大事な教養と知識の一環を占めていたからであろう。殷の湯王の宰相伊尹(いいん)はもと庖宰(料理人)であったのを見いだされたものであり,また今日名料理の代名詞ともなっている易牙(えきが)は斉の桓公の料理人で,自分の子を蒸して君主の食に供してまで,その寵愛を得ようとしたことでも知られる。…

【文人画】より

…中国における文人,士大夫(したいふ)の絵画。職業画家の専門の絵画に対して,儒教や詩文の教養を備えた文人の素人の絵画をいう。…

※「士大夫」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

士大夫の関連キーワード孫東満氏家屋戊戌の変法松竹梅文世説新語大慧宗杲憨山徳清宮崎市定高級官僚東林書院儒林外史中国思想党錮の禁李徳林趙令穣欧陽修朱子学伝灯録龐居士范仲淹演慶堂

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

士大夫の関連情報