課税保留(読み)カゼイホリュウ

デジタル大辞泉の解説

かぜい‐ほりゅう〔クワゼイホリウ〕【課税保留】

納税義務者の特定が困難な場合に、地方公共団体課税を一時的に保留すること。土地・家屋の所有者が死亡し、相続人が不明な場合は固定資産税都市計画税、盗難等で自動車の所在が不明な場合は自動車税軽自動車税について、納税通知書を送付せず、課税を保留する。また、車検切れの自動車を課税保留の対象とする自治体もある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android