コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

課題解決学習 かだいかいけつがくしゅう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

課題解決学習
かだいかいけつがくしゅう

教授・学習方式の一つ。問題解決学習系統学習を止揚する立場として開発されたもの。すなわち前者子供の能動性,実践的知性の形成に有効である反面習得知識に系統性が乏しい短所をもち,後者は系統的科学的知識の習得に有効である反面,子供の心理的実践的態度を閑却しがちな短所をもっている。そこで問題解決学習から出発しながら,その問題を子供の経験や思考における矛盾よりは,むしろ現実社会がもつ客観的な社会的課題に求めることにより,双方の長所を生かした学習を実現しようとするもの。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

課題解決学習の関連キーワード公共(仮称)

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

課題解決学習の関連情報