コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

調淡海 つきの おうみ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

調淡海 つきの-おうみ

?-? 飛鳥(あすか)-奈良時代の官吏。
壬申(じんしん)の乱(672)の際,吉野を脱出した大海人(おおあまの)皇子(天武天皇)にしたがった舎人(とねり)。大宝(たいほう)元年持統太上(だいじょう)天皇の紀伊(きい)行幸にしたがったときによんだ歌が「万葉集」巻1におさめられている。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

調淡海

生年:生没年不詳
7世紀後半から8世紀前半の官人壬申の乱(672)の際,吉野を脱出した大海人皇子(のちの天武天皇)に付き従った舎人。このときの記録が「調連淡海日記」として『釈日本紀』にみえる。和銅2(709)年1月,正六位上から従五位下に昇進,神亀4(727)年11月,高齢であるとして禄を賜った。『万葉集』に短歌1首が収められている。

(清田善樹)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

調淡海の関連キーワード奈良時代あすか生年官吏飛鳥

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android