諷経(読み)フギン

  • ×諷▽経
  • ふうきん

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (「きん」は「経」の唐宋音) 声を出して経を読むこと。特に、禅宗では仏前の勤行をいう。読経。ふうきん。
※正法眼蔵(1231‐53)安居「本寮につきて前点諷経す」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

オーナー商法

物品や権利を消費者に販売すると同時にその物品・権利を事業者が預かり、生産・運用・レンタル・管理・保管などの利殖の高さをうたって資金を集める商法。見かけ上は購入者が物品・権利のオーナーとなるため、こうよ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android