コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

勤行 ごんぎょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

勤行
ごんぎょう

仏教用語。時間を決めて仏前読経をすることをいう。精進努力という意味に用いる場合もある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ごん‐ぎょう〔‐ギヤウ〕【勤行】

[名](スル)
仏道を修行すること。
仏前で、一定の時を定めて行う読経回向など。お勤め。「毎朝の勤行

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ごんぎょう【勤行】

〘仏〙
仏道の実践に努めること。
仏前で経を読み、祈ること。おつとめ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

勤行
ごんぎょう

本来は仏教徒が勤めて善法を行い、つねに仏道に精進する意で、六波羅蜜(ろくはらみつ)(実践すべき六つの徳目)の精進(しょうじん)波羅蜜をいう。読経(どきょう)、賛仏なども仏教徒の日常修すべき行法であるところから、転じて仏前で読経、回向(えこう)、礼拝(らいはい)する「おつとめ」を勤行と称するようになった。行う時として、一切(いっさい)時(行住坐臥(ぎょうじゅうざが)、昼夜)、六時(昼3回、夜3回)、四時(晨朝(しんじょう)、日中、黄昏(こうこん)、夜半)、三時(晨朝、日中、黄昏)、2時(晨、昏)の別がある。[石川力山]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

勤行の関連キーワード籠り・隠り・篭り・籠もり例時懺法・例時懴法晨朝・じんちょう護持僧・御持僧檀那あしらひ六時の勤め朝事・朝勤座具・坐具二世安楽閼伽振鈴別時念仏後夜起き例時作法朝事参り六時礼讚例時懺法晨朝の鐘お十夜暁起き十三鐘

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

勤行の関連情報