コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

看経 かんぎん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

看経
かんぎん

「かんきょう」とも読み,禅宗では「かんきん」と読む。経典を黙読すること。のちには,諷経 (ふぎん) ,読経 (どきょう) と同義となった。また典を研究するために読む意味でも用いられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

かん‐きん【看経】

[名](スル)《「きん(経)」は唐音
禅宗などで、声を出さないで経文を読むこと。⇔諷経(ふぎん)
声を出して経文を読むこと。読経。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かんきん【看経】

( 名 ) スル
〔「きん」は唐音〕
禅宗で、声を出さずに経文を読むこと。 ⇔ 諷経ふぎん
声を出して経文を読むこと。読経どきよう。誦経ずきよう

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

看経の関連キーワード竜門石窟鴫・鷸転輪蔵饅頭経机漢字肩衣衆寮観経放参

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android