看経(読み)かんきん

精選版 日本国語大辞典「看経」の解説

かん‐きん【看経】

〘名〙 (「きん」は唐宋音)
経文を黙読すること。もと、禅家で行なわれた。
※参天台五台山記(1072‐73)二「候一百日、設羅漢斎僧方畢」
② 声を出して経文を読むこと。読経。誦経。
※栂尾明恵上人伝記(1232‐50頃)上「僧俗群集して、は看経し或は礼拝す」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「看経」の解説

看経
かんぎん

「かんきょう」とも読み,禅宗では「かんきん」と読む。経典を黙読すること。のちには,諷経 (ふぎん) ,読経 (どきょう) と同義となった。また経典を研究するために読む意味でも用いられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android