コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

諸井春畦 もろい しゅんけい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

諸井春畦 もろい-しゅんけい

1866-1919 明治-大正時代の実業家,書家。
慶応2年生まれ。諸井恒平の弟。東京で日本初のビル-ブローカー業をはじめた。書は西川春洞にまなび,明治書道会の会長となった。大正8年5月9日死去。54歳。武蔵(むさし)本庄(埼玉県)出身。名は直行。字(あざな)は習郷。通称は時三郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

諸井春畦の関連キーワードフォード(John Ford(1895―1973))グリフィス石英岩ビダー牧野省三フェレンツィデミル(Cecil Blount De Mille)ドライヤー(デンマークの映画監督)反戦運動ルビッチ

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android