コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

諸井春畦 もろい しゅんけい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

諸井春畦 もろい-しゅんけい

1866-1919 明治-大正時代の実業家,書家。
慶応2年生まれ。諸井恒平の弟。東京で日本初のビル-ブローカー業をはじめた。書は西川春洞にまなび,明治書道会の会長となった。大正8年5月9日死去。54歳。武蔵(むさし)本庄(埼玉県)出身。名は直行。字(あざな)は習郷。通称は時三郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

オヤカク

企業が採用内定者である学生に対して、「親が入社を承諾しているか」を確認する行為、または、内定学生の親に直接、入社承諾の確認をする行為のこと。「親に確認する」の略語。親が反対しているという理由で内定を辞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android