諸井恒平(読み)もろい つねへい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

諸井恒平 もろい-つねへい

1862-1941 明治-昭和時代前期の実業家。
文久2年5月26日生まれ。家業養蚕従事,明治20年日本煉瓦(れんが)製造を設立。さらに東京毛織,武相水電,秩父(ちちぶ)鉄道などの経営に参加。大正12年秩父武甲山の石灰石を利用し,秩父セメントを創業した。昭和16年2月14日死去。80歳。武蔵(むさし)本庄(埼玉県)出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android