諸寮(読み)しょりょう

精選版 日本国語大辞典 「諸寮」の意味・読み・例文・類語

しょ‐りょう‥レウ【諸寮】

  1. 〘 名詞 〙
  2. 多くのあちこちの、寄宿所や僧坊
    1. [初出の実例]「当日の粥時より、堂司あらかじめ看経牌を僧堂前、および諸寮にかく」(出典:正法眼蔵(1231‐53)看経)
  3. 令制で、八省被官として設けられたさまざまな役所
    1. [初出の実例]「月卿雲客・郎吏・従官・諸寮(しょレウ)の頭・八省の輔・僧正・僧都・児・房官に至るまで」(出典太平記(14C後)二六)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

選挙公営

国または地方公共団体が個々の候補者の選挙費用の一部または全額を負担すること。選挙に金がかかりすぎ,政治腐敗の原因になっていることや,候補者の個人的な財力によって選挙に不公平が生じないようにという目的で...

選挙公営の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android