諸役御免(読み)しょやくごめん

精選版 日本国語大辞典の解説

しょやく‐ごめん【諸役御免】

〘名〙 特別な家柄の者や、武士、武家の御用をつとめている町人などが、すべての課役を免除されたこと。
※建内記‐嘉吉四年(1444)正月二九日「雖諸役御免御教書、所々任失例其沙汰之条、勿論也」
※浮世草子・武道伝来記(1687)一「天武天皇の末裔にして高家なれば、諸御免(ショヤクゴメン)あって世を遊楽に」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android