コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

諸根樟一 もろね しょういち

1件 の用語解説(諸根樟一の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

諸根樟一 もろね-しょういち

1893-1951 大正-昭和時代の郷土史家。
明治26年9月6日生まれ。大正8年大日本炭鉱勤務の経験をもとにした小説「坑夫の死」を「労働文学」に発表。昭和のはじめ,福島県平町(いわき市)で郷土文化会を組織,「郷土文化」を刊行した。昭和26年9月13日死去。58歳。福島県出身。本名は正一。著作に「福島県政治史」「磐城文化史」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

諸根樟一の関連キーワード東京大学社会福祉法電気事業SF映画ラジオ放送ウェルナー猪子吉人谷弥五郎林忠恕人見一太郎

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone