コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

諸根樟一 もろね しょういち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

諸根樟一 もろね-しょういち

1893-1951 大正-昭和時代の郷土史家。
明治26年9月6日生まれ。大正8年大日本炭鉱勤務の経験をもとにした小説「坑夫の死」を「労働文学」に発表。昭和のはじめ,福島県平町(いわき市)で郷土文化会を組織,「郷土文化」を刊行した。昭和26年9月13日死去。58歳。福島県出身。本名は正一。著作に「福島県政治史」「磐城文化史」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

諸根樟一の関連キーワード昭和時代

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android