有形(読み)ゆうけい

  • ありがたち
  • うぎょう ‥ギャウ
  • うけい
  • ゆうけい イウ‥
  • ゆうけい〔イウ〕

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 =ありかた(在方)
※多情仏心(1922‐23)〈里見弴〉飛礫「現代を、その有(ア)り形(カタチ)のままに認めるリヤリストの立場」
〘名〙 仏語。肉体を有するもの。欲界・色界の生きもの。有相(うそう)
※西洋道中膝栗毛(1874‐76)〈総生寛〉一三「凡そ天地の間にあるものは、有形(ウギャウ)無形に皆名あり」 〔法華経‐随喜功徳品〕
〘名〙 形があること。ゆうけい。
※当世書生気質(1885‐86)〈坪内逍遙〉五「有形(ウケイ)の自由を論ずれども、無形の絆を脱しかねて、恋の奴(やっこ)に身を卑(おと)しめ」
〘名〙 形があること。形があって目に見えること。形をもったもの。
※経国集(827)一一・同春太詠鬼之什〈石川広主〉「論有形無形、言無道有奇

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

興行収入

観客が興行会社(劇場)に支払う入場料の合計金額を興行収入(興収)といい、この興収の中から、宣伝費などの必要経費と劇場利益を差し引いた金額を興行会社は配給会社に支払う。この配給会社に支払われる金額を配給...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

有形の関連情報