有形(読み)うぎょう

精選版 日本国語大辞典「有形」の解説

う‐ぎょう ‥ギャウ【有形】

〘名〙 仏語。肉体を有するもの。欲界・色界の生きもの。有相(うそう)
※西洋道中膝栗毛(1874‐76)〈総生寛〉一三「凡そ天地の間にあるものは、有(ウギャウ)無形に皆名あり」 〔法華経‐随喜功徳品〕

う‐けい【有形】

〘名〙 形があること。ゆうけい。
※当世書生気質(1885‐86)〈坪内逍遙〉五「有形(ウケイ)の自由を論ずれども、無形の絆を脱しかねて、恋の奴(やっこ)に身を卑(おと)しめ」

ゆう‐けい イウ‥【有形】

〘名〙 形があること。形があって目に見えること。形をもったもの。
※経国集(827)一一・同春太詠鬼之〈石川広主〉「論有形無形、言無道有奇

あり‐がたち【有形】

〘名〙 =ありかた(在方)
多情仏心(1922‐23)〈里見弴〉飛礫「現代を、その有(ア)り形(カタチ)のままに認めるリヤリストの立場

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android