コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

謁する エッスル

デジタル大辞泉の解説

えっ・する【謁する】

[動サ変][文]えっ・す[サ変]貴人や目上の人に会う。お目にかかる。
「将軍に―・して」〈福沢福翁自伝

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

えっする【謁する】

( 動サ変 ) [文] サ変 えつ・す
目上の人や貴人に会う。お目にかかる。謁見する。 「陛下に-・する」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

謁するの関連キーワードウィルトンの二連衝祭壇画瑞宝重光章参勤・参覲江戸町年寄朝覲行幸バルビエ徳川家康春秋叙勲和蘭下り清原貞安ハイトン御目見申次衆奏者番春日局源頼朝役土人東の衆角屋敷咫尺

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

謁するの関連情報