護摩壇(読み)ごまだん

精選版 日本国語大辞典「護摩壇」の解説

ごま‐だん【護摩壇】

〘名〙 護摩をたくをすえる大壇、水壇、木壇の三種類がある。火壇炉壇
※参天台五台山記(1072‐73)七「母屋内立大壇、東庇塗護摩壇

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「護摩壇」の解説

ごま‐だん【護摩壇】

護摩をたく炉を据える壇。大壇、円形の水壇、木製の木壇の3種があり、日本では木壇を用いる。炉壇。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の護摩壇の言及

【壇】より

…堂の本尊を安置してある須弥壇(しゆみだん)は別として,法要の種類により必要な壇が違い,それを所定の位置に据える。多用されるのは,密教立(みつきようだて)の法要に用いる大壇(だいだん)と護摩壇(護摩)で,大壇は略式の修法壇で代用することもある。そのほか,聖天壇(しようてんだん),十二天壇,神供壇(じんくだん),灌頂壇(かんぢようだん),表白壇,施餓鬼壇(せがきだん)など壇の種類は多い。…

※「護摩壇」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android