コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大壇 だいだん

世界大百科事典 第2版の解説

だいだん【大壇】

仏事の法具名。密教立(みつきようだて)の法要のとき,導師(どうし)が修法に用いる正方形大型の(図)。四隅に細い棒状の橛(けつ)という柱を立て,これに壇線という五色の糸でよった縄をからませて四方を囲む。修法に直接かかわる法具は,導師の直前の真ん中に据えた火舎(金属製の香炉),その左右に三つずつ並べた碗状の六器(ろつき),火舎のすぐ向う側に据えた金剛盤上の金剛鈴と五鈷(ごこ)などである。なお,盤上五鈷の向う左右には三鈷と独鈷を据える。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の大壇の言及

【壇】より

…堂の本尊を安置してある須弥壇(しゆみだん)は別として,法要の種類により必要な壇が違い,それを所定の位置に据える。多用されるのは,密教立(みつきようだて)の法要に用いる大壇(だいだん)と護摩壇(護摩)で,大壇は略式の修法壇で代用することもある。そのほか,聖天壇(しようてんだん),十二天壇,神供壇(じんくだん),灌頂壇(かんぢようだん),表白壇,施餓鬼壇(せがきだん)など壇の種類は多い。…

【密教法具】より

…やがて,壇上に火舎(かしや)(香炉)を中心に六器(ろつき),花瓶(けびよう),飯食器(おんじきき)などをそろえた一面器,さらに四面器を配するなど,密法法具の整備拡充が進む。和歌山県那智経塚の出土品の中から,四橛,羯磨,花瓶のほかに,4口の火舎や六器などの一括遺品が発見され,平安後期には一応,大壇(だいだん)が形成されていたものと考えられている。
[種類]
 (1)金剛杵 古くインドの武器で,帝釈天や金剛力士の持物でもある。…

※「大壇」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大壇の関連キーワード那智山経塚北斗七星法密教法具理趣三昧曼陀羅供護摩壇三壇法室生寺華瓶礼盤仏具心地輪宝

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android