コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

谷玖満子 たに くまこ

1件 の用語解説(谷玖満子の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

谷玖満子 たに-くまこ

1845*-1909 幕末-明治時代,谷干城(たてき)の妻。
弘化元年12月25日生まれ。土佐高知藩士国沢七郎右衛門の娘。文久2年に結婚。明治10年西南戦争で鎮台司令長官の干城が熊本に籠城した際に城内にとどまり,負傷兵の看護などにあたる。のち愛国婦人会の理事などをつとめた。明治42年12月19日死去。66歳。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

谷玖満子の関連キーワード富本節スバルレオポルド2世後藤三右衛門(2代)スタング(父子)田中不二麿梅ヶ谷藤太郎田中不二麻呂新島八重子橋本綱常

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone