豊けし(読み)ユタケシ

  • ゆたけ・し

デジタル大辞泉の解説

[形ク]
ゆったりしている。
「海原の―・き見つつ葦(あし)が散る難波に年は経ぬべく思ほゆ」〈・四三六二〉
盛んである。盛大である。
「最勝王経、金剛般若寿命経など、いと―・き御祈りなり」〈・若菜上〉
豊かである。富み栄えている。
「かくばかり―・き年にいなむらの山田守をば又もあひきや」〈夫木・二〇〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

形ク
ゆったりしている。広々としている。 海原の-・き見つつ/万葉集 4362
(事物が)十分に備わっていて不足がない。豊富だ。 最勝王経・金剛般若・寿命経など、いと、-・き御祈りなり/源氏 若菜上
財物がたっぷりある。富み栄えている。 かくばかり-・き年にいなむらの山田守をば又もあひきや/夫木 20

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘形ク〙 (「けし」は接尾語)
① 豊かである。裕福である。栄えている。繁栄している。〔新撰字鏡(898‐901頃)〕
※夫木(1310頃)二〇「かくばかりゆたけき年にいなむらの山田守をば又もあひきや〈藤原資宣〉」
② 盛んである。盛大である。すばらしい。すぐれている。
※源氏(1001‐14頃)若菜上「最勝王経・金剛般若・寿命経など、いとゆたけき御祈りなり」
③ 広々としている。ゆったりしている。のどやかである。
※万葉(8C後)一二・二九六三「白たへの手本(たもと)寛久(ゆたけク)人の寝る熟睡(うまい)は寝ずや恋ひ渡りなむ」
④ 気持や態度にゆとりがあって、おおらかである。
※万葉(8C後)八・一六一五「大の浦のその長浜に寄する波寛(ゆたけき)君を思ふこの頃」
⑤ ふっくらとしている。豊満で美しい。
ゆたけ‐さ

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android