コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山田守 やまだ まもる

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山田守 やまだ-まもる

1894-1966 大正-昭和時代の建築家。
明治27年4月19日生まれ。大正9年石本喜久治らと分離派建築会を結成,近代建築運動をおこす。逓信省にはいり東京中央電信局などを設計。昭和24年建築事務所をひらく。26年東海大教授。昭和41年6月13日死去。72歳。岐阜県出身。東京帝大卒。作品に旧東京厚生年金病院,日本武道館など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

やまだまもる【山田守】

1894~1966) 建築家。岐阜県生まれ。東京帝大卒。逓信省技師として多くの作品を手がけ、日本の近代建築に貢献した。代表作に東京中央電信局・東京逓信病院・日本武道館などがある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

山田守
やまだまもる
(1894―1966)

建築家。岐阜県羽島生まれ。1920年(大正9)東京帝国大学建築学科卒業。同窓の堀口捨己(すてみ)ら有志5人とともに「分離派建築会」を結成。建築界に大きな影響を与える。卒業後逓信(ていしん)省に入り、45年(昭和20)の退官まで逓信省関係の建物の設計を担当。なかでも東京中央電信局(1925)、東京逓信病院(1937)が代表作。49年建築設計事務所を開設。51年からは東海大学教授も務める。独立後のおもな作品に東京厚生年金病院(1953)、京都タワー・ビル(1964)、日本武道館(1964)がある。[天田起雄]
『山田守建築作品集刊行会編『山田守建築作品集』(1967・東海大学出版会)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の山田守の言及

【表現主義】より

…しかし建築技術の面から見ると,ガラスを多用し夢を託している点のほかは特色はほとんどない。以上を表現主義建築の基準と見ると,スイスにあるシュタイナーのゲーテアヌムII(1924年着工,ドルナハDornach),オランダのクラメルPieter Lodewijk Kramer(1881‐1961)らによるメールウェイク園の住宅群(1918,ベルヘン),山田守(1894‐1966)の東京中央電信局(1922)など,1920年代には広く深い影響を与えたことがわかる。しかし20年代後半にドイツの社会も安定しはじめ,建築家はより現実的に社会との対応を迫られ,かつ技術の進歩を着実に建築に反映させねばならず,表現主義から新即物主義へと姿勢を移していった。…

※「山田守」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

山田守の関連キーワード分離派(芸術革新運動)石本 喜久治昭和時代代表作岩元禄稲負鳥建築家豊けし老翁やも素子

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

山田守の関連情報