コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

豊原信秋 とよはらの のぶあき

1件 の用語解説(豊原信秋の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

豊原信秋 とよはらの-のぶあき

1318-1386 南北朝時代の雅楽家。
文保(ぶんぽ)2年生まれ。豊原竜秋(たつあき)の子。父の跡をうけて笙(しょう)の家をつぎ,永徳元=弘和(こうわ)元年雅楽頭(うたのかみ)となる。後円融天皇,足利義満(よしみつ)の笙の師をつとめた。のち出家。至徳3=元中3年4月15日死去。69歳。法名は道岫(どうしゅう)。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

豊原信秋の関連キーワード吉野朝時代上真節起山師振岸本芳景薗兼明豊原竜秋豊原英秋坊門局(3)山井景継山井景光