コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

豊年踊 ほうねんおどり

3件 の用語解説(豊年踊の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

豊年踊
ほうねんおどり

民俗芸能の一種で,イネ収穫時の豊年感謝,あるいは豊年祈願の予祝に踊る踊り。風流系の太鼓踊,雨乞踊,盆踊などがあるが,特定の演目をもたない場合が多い。太鼓踊の別称となっている場合もある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ほうねん‐おどり〔‐をどり〕【豊年踊(り)】

農村で、その年の豊作を祈願または感謝する踊りの総称。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ほうねんおどり【豊年踊】

民俗芸能。おもに豊年予祝,収穫感謝のための踊りで全国各地に分布する。春から夏にかけての豊年予祝には,田遊(たあそび),田植踊獅子舞棒踊雨乞踊など各種の芸能が演じられる。盆踊の〈今年や豊年,穂に穂が咲いて,道の小草に金がなる〉などの歌や踊りにも豊年予祝の意味がこめられている。収穫感謝の踊りは氏神の秋祭などに行われ,風流(ふりゆう)系のものが多い。関東地方には豊年満作を意味する万作踊があり,鹿児島県川辺郡川辺町勝目上山田の〈上山田太鼓踊〉や宮崎県小林市細野一区の〈輪太鼓踊〉は収穫感謝の豊年踊である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

豊年踊の関連キーワード勤労感謝の日八月踊民俗芸能・民俗藝能丑の日祭郷土芸能山屋の田植踊椎葉民俗芸能博物館本田安次民俗芸能の会

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

豊年踊の関連情報