豊年踊(読み)ほうねんおどり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

豊年踊
ほうねんおどり

民俗芸能の一種で,イネ収穫時の豊年感謝,あるいは豊年祈願予祝に踊る踊り。風流系の太鼓踊雨乞踊盆踊などがあるが,特定演目をもたない場合が多い。太鼓踊の別称となっている場合もある。鹿児島県大隅半島,薩南諸島,沖縄本島多良間島で旧歴8月に行う八月踊や,八重山諸島の旧歴6月の利祭 (プーリー) で踊られるものなどが知られる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ほうねんおどり【豊年踊】

民俗芸能。おもに豊年予祝,収穫感謝のための踊りで全国各地に分布する。春から夏にかけての豊年予祝には,田遊(たあそび),田植踊獅子舞棒踊雨乞踊など各種の芸能が演じられる。盆踊の〈今年や豊年,穂に穂が咲いて,道の小草に金がなる〉などの歌や踊りにも豊年予祝の意味がこめられている。収穫感謝の踊りは氏神の秋祭などに行われ,風流(ふりゆう)系のものが多い。関東地方には豊年満作を意味する万作踊があり,鹿児島県川辺郡川辺町勝目上山田の〈上山田太鼓踊〉や宮崎県小林市細野一区の〈輪太鼓踊〉は収穫感謝の豊年踊である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ほうねん‐おどり ‥をどり【豊年踊】

〘名〙 田畑の作物の豊作を祈願もしくは感謝して踊る踊りの総称。《季・秋》
※飯の社会学(1935)〈吉方一広〉「豊年には、樽を叩いて、豊年踊りををどり抜いたは昔話となった」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報