豊後水道県立自然公園(読み)ぶんごすいどうけんりつしぜんこうえん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

豊後水道県立自然公園
ぶんごすいどうけんりつしぜんこうえん

大分県南東部,豊後水道にのぞむ海岸の自然公園。 1951年指定されたが,74年に主要部分の日豊海岸が国定公園に指定されたため,面積は 128.62km2から 82.72km2に縮小された。長目,四浦,鶴見入津などの各半島のリアス海岸と,大入島,大島などの一部,およびカルスト地形の八戸高原一帯 (津久見市) を含む。岬や湾内には小島や岩礁が多く,海岸には海食崖洞門が発達,ビロウアコウハマユウなどの植物がみられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の豊後水道県立自然公園の言及

【鶴見[町]】より

…平地は少ないが,傾斜地ではウンシュウミカン,アマナツ,ハッサクが生産されている。九州最東端の岬である鶴御崎とその周辺は自然景観に恵まれ,日南海岸国定公園,豊後水道県立自然公園に指定されている。【萩原 毅】。…

※「豊後水道県立自然公園」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android