コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

津久見市 つくみ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

津久見〔市〕
つくみ

大分県南東部,津久見湾にのぞむ市。 1951年津久見町と日代,四浦,保戸島の3村が合体して市制。中心市街地の津久見は,かつて漁村であったが,1916年,佐伯線 (現 JR日豊本線) の臼杵-佐伯間開通を契機に石灰石の採掘が始り,翌年セメント工場が操業開始,21年には町制施行と,急速な発達をとげた。周辺は彦岳,姫岳,胡麻柄山など標高 600m前後の古生層山地で,良質の石灰岩が採掘される。現在セメント製造は基幹産業となっており,最大1万t級の船舶が接岸できる津久見港 (1949年開港場,51年重要港湾指定) からおもにアジア諸国に向けて輸移出されている。一方で,セメント工業に伴う公害が問題となっている。津久見川をはさむ山地斜面では,明治末期以来ミカンの栽培が行われており,缶詰工場もある。上青江にある尾崎小ミカン先祖木は天然記念物。大友宗麟の墓,キリシタン関係の旧跡,カルスト台地の八戸高原などがある。津久見湾岸一帯と八戸台は日豊海岸国定公園,残りの大部分が豊後水道県立自然公園に指定されている。国道 217号線が通る。面積 79.48km2。人口 1万7969(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

津久見市の関連キーワードツヅラセメクラチビゴミムシ大分県津久見市セメント町大分県津久見市徳浦本町大分県津久見市徳浦宮町大分県津久見市入船東町大分県津久見市入船西町大分県津久見市井無田町大分県津久見市合ノ元町大分県津久見市津久見浦大分県立津久見高等学校大分県津久見市上宮本町大分県津久見市津久見大分県津久見市岩屋町大分県津久見市中央町大分県津久見市文京町大分県津久見市中田町大分県津久見市保戸島大分県津久見市大友町大分県津久見市上青江大分県津久見市門前町

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

津久見市の関連情報