豊後水道(読み)ぶんごすいどう

日本大百科全書(ニッポニカ)「豊後水道」の解説

豊後水道
ぶんごすいどう

九州の豊後と四国の伊予を分かつ海域北口は愛媛県佐田岬と大分県関(せきざき)の間の速吸瀬戸(はやすいせと)(豊予(ほうよ)海峡)、南口は愛媛県高茂(こうも)岬と大分県鶴御(つるみ)崎の間で、東西約50キロメートル、南北約40キロメートル。一般に深く、中央部で80~90メートル、速吸瀬戸南東方の海釜(かいふ)(深い窪地)は300メートルを超える。両岸四国山地と九州山地が終わる所で、典型的なリアス式海岸をなし、岬と入り江が交互するなかに、東側に日振(ひぶり)島、戸(と)島、西側に高島、無垢(むく)島、保戸(ほと)島、大入(おおにゅう)島、大島などの島々がある。入り江の奥には、東側に八幡浜(やわたはま)、宇和島(うわじま)、西側に臼杵(うすき)、津久見(つくみ)、佐伯(さいき)などの都市が発達している。マグロ、カジキ、カツオイワシ、アジ、サバなどの外海性魚類、タイ、カレイ、ヒラメ、イカ、エビなどの内海性魚類、その他の水産動物が豊富で、水産業が盛んである。入り江では真珠、真珠母貝、ブリの養殖も盛ん。農業は、米作のほか、柑橘(かんきつ)類栽培、牛・豚飼育が主である。

[兼子俊一]

『大分大学教育学部編・刊『豊後水道域――自然・社会・教育』(1980)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「豊後水道」の解説

豊後水道
ぶんごすいどう

大分県と愛媛県との間,太平洋と瀬戸内海を結ぶ海域。北は速吸瀬戸 (豊予海峡) ,南は愛媛県の高茂崎と大分県の鶴御崎にいたる東西約 50km,南北約 40kmの海域。水深は中央部で 80~90m,速吸瀬戸の南東の最深部で 300~400m。両岸は典型的なリアス海岸で,東側には日振島,戸島,西側に高島,無垢島などが点在。イワシ,カツオ,マグロなど外洋性魚族とタイ,カレイ,ヒラメなどの内湾性魚族が多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディア「豊後水道」の解説

豊後水道【ぶんごすいどう】

九州と四国の間にある海峡。太平洋と瀬戸内海をつなぐ。北は豊予海峡から南は鶴御崎・高茂岬の線まで,長さ約40km。水深は中央部で80〜90mで豊予海峡南方の海釜は300mを越す。両岸は典型的なリアス式海岸で海上には大小の島々が点在し,四国側は足摺宇和海国立公園に属する。
→関連項目大分[県]瀬戸内海日向灘御荘[町]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典「豊後水道」の解説

ぶんご‐すいどう ‥スイダウ【豊後水道】

九州東岸と四国西岸との間にあり、太平洋から瀬戸内海へ通じる水道。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典 第2版「豊後水道」の解説

ぶんごすいどう【豊後水道】

九州と四国を分ける水道で,北口は豊予海峡で瀬戸内海の伊予灘へ,南口は鶴御(つるみ)崎(九州側)~高茂岬(こうもざき)(四国側)を結ぶ線で太平洋へつながる東西約50km,南北約40kmの海域を指す。豊後水道の名称は1883年に水路部海図に使用されたのが始まりで,それ以前は特に豊後水道全域を指す名称はなかったらしく,《豊後国志》には,〈海〉とだけある。水深は一般に深く,中央部で80~90m,豊予海峡の南の海釜が300mをこえる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

個人メドレー

競泳種目の一つ。同一個人が定められた距離をバタフライ,背泳ぎ,平泳ぎ,自由形の順に続けて泳ぐ。個人メドレーの際の自由形は,他の3種以外でなければならないため,クロールで泳ぐのが一般的。次の泳法への移行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android