コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

豊後水道 ぶんごすいどう

7件 の用語解説(豊後水道の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

豊後水道
ぶんごすいどう

大分県と愛媛県との間,太平洋瀬戸内海を結ぶ海域。北は速吸瀬戸 (豊予海峡) ,南は愛媛県の高茂崎と大分県の鶴御崎にいたる東西約 50km,南北約 40kmの海域。水深は中央部で 80~90m,速吸瀬戸の南東の最深部で 300~400m。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ぶんご‐すいどう〔‐スイダウ〕【豊後水道】

四国と九州との間の水道。太平洋と瀬戸内海とを結ぶ海域。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

豊後水道【ぶんごすいどう】

九州と四国の間にある海峡。太平洋と瀬戸内海をつなぐ。北は豊予海峡から南は鶴御崎・高茂岬の線まで,長さ約40km。水深は中央部で80〜90mで豊予海峡南方の海釜は300mを越す。
→関連項目大分[県]瀬戸内海日向灘御荘[町]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ぶんごすいどう【豊後水道】

九州と四国を分ける水道で,北口は豊予海峡で瀬戸内海の伊予灘へ,南口は鶴御(つるみ)崎(九州側)~高茂岬(こうもざき)(四国側)を結ぶ線で太平洋へつながる東西約50km,南北約40kmの海域を指す。豊後水道の名称は1883年に水路部の海図に使用されたのが始まりで,それ以前は特に豊後水道全域を指す名称はなかったらしく,《豊後国志》には,〈海〉とだけある。水深は一般に深く,中央部で80~90m,豊予海峡の南の海釜が300mをこえる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ぶんごすいどう【豊後水道】

愛媛県と大分県の間にある海峡。四国と九州を分かち、太平洋と瀬戸内海をつなぐ。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔愛媛県(大分県)〕豊後水道(ぶんごすいどう)


四国西岸と九州東岸の間の海域。速吸瀬戸(はやすいせと)を北口とし、愛媛県南西端の高茂(こうも)崎と大分県南東端の鶴御崎(つるみさき)を結ぶ線を南口とする。瀬戸内海西部から太平洋に至る主要航路が通る。西岸・東岸とも典型的なリアス式海岸で、小半島と湾入が交互し、小島や岩礁が点在する。内湾性の魚のほか、黒潮の分流が流入するため外洋性の魚類も豊富で、沿岸漁業が盛ん。定置網漁や真珠・ワカメ・ノリの養殖のほか、餌()付け漁業の施設が多い。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

豊後水道
ぶんごすいどう

九州の豊後と四国の伊予を分かつ海域。北口は愛媛県佐田岬と大分県関崎(せきざき)の間の速吸瀬戸(はやすいせと)(豊予(ほうよ)海峡)、南口は愛媛県高茂(こうも)岬と大分県鶴御(つるみ)崎の間で、東西約50キロメートル、南北約40キロメートル。一般に深く、中央部で80~90メートル、速吸瀬戸南東方の海釜(かいふ)(深い窪地)は300メートルを超える。両岸は四国山地と九州山地が終わる所で、典型的なリアス式海岸をなし、岬と入り江が交互するなかに、東側に日振(ひぶり)島、戸(と)島、西側に高島、無垢(むく)島、保戸(ほと)島、大入(おおにゅう)島、大島などの島々がある。入り江の奥には、東側に八幡浜(やわたはま)、宇和島(うわじま)、西側に臼杵(うすき)、津久見(つくみ)、佐伯(さいき)などの都市が発達している。マグロ、カジキ、カツオ、イワシ、アジ、サバなどの外海性魚類、タイ、カレイ、ヒラメ、イカ、エビなどの内海性魚類、その他の水産動物が豊富で、水産業が盛んである。入り江では真珠、真珠母貝、ブリの養殖も盛ん。農業は、米作のほか、柑橘(かんきつ)類栽培、牛・豚飼育が主である。[兼子俊一]
『大分大学教育学部編・刊『豊後水道域――自然・社会・教育』(1980)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

豊後水道の関連キーワード紀伊水道西岸気候ドーバー海峡速吸瀬戸平戸瀬戸豊予海峡ノジギク関崎吐か喇海峡三原瀬戸

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

豊後水道の関連情報