コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

豊楽焼 ホウラクヤキ

大辞林 第三版の解説

ほうらくやき【豊楽焼】

弘化年間(1844~1848)、名古屋の陶工大喜豊助が創始した楽焼き。外側は漆を塗り、これに蒔絵まきえを施し、内側には白ひび釉ぐすりの上に彩画を施したもの。豊助焼とよすけやき。とよらくやき。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

豊楽焼の関連キーワード楽焼

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android