コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

豊沢団平(3世) とよざわだんぺい[さんせい]

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

豊沢団平(3世)
とよざわだんぺい[さんせい]

[生]安政5(1858).7.5. 大坂
[没]1921.5.5.
義太夫節の三味線方。本名植畑九市。2世豊沢団平の門弟。2世没後大隅太夫を弾く。 1900年豊沢仙左衛門を経て,07年3世襲名。明治時代後期の名手の1人。『桜時雨』など作曲も手がけた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

豊沢団平(3世)の関連キーワードケクレ安政の大獄徳川家定快楽亭ブラックノルドクビストビュルゲルペリーマクネアレイイーストレーキ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android