コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

快楽亭ブラック かいらくてい ぶらっく

3件 の用語解説(快楽亭ブラックの意味・用語解説を検索)

江戸・東京人物辞典の解説

快楽亭ブラック

1858〜1923(安政5年〜大正12年)【落語家】開国間もない、日本で落語家になった外国人。 名人円朝と人気を二分するスターに。英国領オーストラリア生まれ。本名Henry.J.Black。父は幕末に来日した新聞記者。英語塾で講師を勤めながら講釈師として舞台に立った。1891年(明治24)日本に帰化、快楽亭ブラックの名前で手品、歌舞伎など多彩な芸で各地を講演した。毒舌を交えた新作落語は、三遊亭円朝と並ぶ人気だったという。一流芸人の落語や浪曲を吹き込んだ、日本で初めてのレコード録音も手がけている。

出典|財団法人まちみらい千代田
江戸・東京人物辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

快楽亭ブラック かいらくてい-ブラック

1858-1923 明治時代の落語家。
1858年12月22日オーストラリア生まれ。J.R.ブラックの長男。8歳のころ来日,明治11年2代松林伯円の勧めで芸人の道へ。政談,講談で知られ,24年からは三遊派に属し,べらんめえ口調の青い目の落語家として人気をあつめる。36年日本最初のレコードをふきこむ。大正12年9月19日死去。66歳。日本名は石井貌剌屈。旧名は Henry James Black。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

快楽亭ブラック

没年:大正12.9.19(1923)
生年:1858.12.22
明治期に活躍した落語家。本名,ヘンリージェームズ・ブラック。日本名,石井ブラック。ジョン・ブラックとエリザベスの長男として,オーストラリアのアデレード生まれる。慶応1(1865)年,週刊新聞『ジャパン・ヘラルド』の主筆として招かれた父を追って,母と共に日本に移住する。明治11(1878)年,講釈師の2代目松林伯円と出会い,講談の稽古をして,芸人としての道を歩むことになる。26歳のときに三遊亭円朝や3代目三遊亭円生の三遊派に入り,「ジャンヌ・ダルク伝」など西洋小説の翻案物の噺をして,落語家として名をあげた。創作の噺も行い,「岩出銀行血汐の手形」という指紋を使った犯人捜査の噺は大人気を博し,出版もされた。同29年,日本初といわれる催眠術の公開実験をし,こののちも催眠術や奇術を高座で行い,多芸多才な芸人として活躍した。同36年には,落語をレコードに吹きこみ,日本初のレコード録音をしている。“ヘンな外人”のパイオニアといえる人物である。<参考文献>イアン・マッカーサー『快楽亭ブラック』(内藤誠・堀内久美子訳)

(川村邦光)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

快楽亭ブラックの関連キーワード安政の大獄モスカ農民文学奥健蔵キネマ旬報日活(株)小林良典ペリー安田雷洲梁川星巌

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

快楽亭ブラックの関連情報