コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

開国(日本史) かいこく

百科事典マイペディアの解説

開国(日本史)【かいこく】

1858年日米修好通商条約の締結によって江戸幕府は1639年以来の鎖国を解き,日本が国際政治の一環に編入されたこと。1853年ペリーが開国を求める米国大統領の国書を持って浦賀に来航。
→関連項目阿部正弘安政五ヵ国条約岩瀬忠震浦賀奉行海防論黒船長井雅楽幕末遣外使節プチャーチン

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

開国(日本史)の関連キーワード尊王攘夷運動井伊直弼ハリス開国論

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android