コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

豊田工機 とよだこうき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

豊田工機
とよだこうき

産業機械メーカー。 1941年トヨタ自動車工作機械部門が分離独立し,設立。 45年刈谷工機と改称,52年再び現社名に復帰する。設立当初から専用工作機械を生産。第2次世界大戦後は繊維機械の生産も手がけた。 53年からは自動車部品の生産に乗出し,その後,各種研削盤を中心に工作機械を生産する。売上構成比は,自動車部品 57%,研削盤 14%,専用機 12%,MCほか 10%,メカトロニクス製品ほか7%。年間売上高 1895億 8900万円 (連結。うち輸出9%) ,資本金 248億 500万円,従業員数 4325名 (1999) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

豊田工機の関連キーワードジェイテクト豊幸

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android