コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

豊田工機 とよだこうき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

豊田工機
とよだこうき

産業機械メーカー1941トヨタ自動車工作機械部門が分離独立し,設立。 45年刈谷工機と改称,52年再び現社名に復帰する。設立当初から専用工作機械を生産。第2次世界大戦後は繊維機械の生産も手がけた。 53年からは自動車部品の生産に乗出し,その後,各種研削盤を中心に工作機械を生産する。売上構成比は,自動車部品 57%,研削盤 14%,専用機 12%,MCほか 10%,メカトロニクス製品ほか7%。年間売上高 1895億 8900万円 (連結。うち輸出9%) ,資本金 248億 500万円,従業員数 4325名 (1999) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

豊田工機の関連キーワード治安維持法日米交渉陥没カルデラ日中戦争教養小説戦争と天気図ザ・ピーナッツロスビー後退変成作用カルデラ

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

豊田工機の関連情報