コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

豊田正子 とよだ まさこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

豊田正子 とよだ-まさこ

1922-2010 昭和-平成時代の小説家。
大正11年11月13日生まれ。昭和12年東京葛飾区渋江小学校在学中につづった生活記録が「綴方(つづりかた)教室」として刊行され,ベストセラーとなる。25年江馬修(なかし)らと「人民文学」を創刊し,のち江馬と結婚。39年「おゆき」を発表。61年「花の別れ」で日本エッセイスト・クラブ賞。平成22年12月9日死去。88歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の豊田正子の言及

【綴方教室】より

…豊田正子の綴方作品集。豊田は1922年東京の下町,本所に生まれ,葛飾区立本田立石尋常小学校4年生のとき,子どもの目に写った下町の庶民生活を綴方に書いた。…

※「豊田正子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

豊田正子の関連キーワード村田 修子岡倉 士朗記録文学綴方教室綴方

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android