コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

豊間源之進 とよま げんのしん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

豊間源之進 とよま-げんのしん

1836*-1868 江戸時代後期の武士。
天保(てんぽう)6年12月6日生まれ。出羽(でわ)久保田藩(秋田県)藩士吉川忠行(きっかわ-ただゆき)に国学砲術をまなぶ。小野崎通亮(みちすけ)と雷風義塾を創設,勤王派として活躍。戊辰(ぼしん)戦争では有志隊参謀として奥羽越列藩同盟側の鶴岡藩軍とたたかい,慶応4年7月16日戦死。34歳。名は盛彦。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

豊間源之進 (とよまげんのしん)

生年月日:1836年12月6日
江戸時代末期の出羽秋田藩士
1868年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

豊間源之進の関連キーワード信太意舒生年月日天保

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android