コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

象の檻 ぞうのおりelephant cage

2件 の用語解説(象の檻の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

象の檻
ぞうのおり
elephant cage

360度の全方位からの電波が受信可能な高感度アンテナの俗称。円形のアンテナフレームの外観が檻 (おり) に以ていることからこう呼ばれる。周辺国や船舶等の通信を傍受する目的で青森県三沢と沖縄県楚辺にある米軍通信所に設置されており,北東アジアにおける情報収集の拠点となっている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ぞう‐の‐おり〔ザウ‐をり〕【象の×檻】

軍事通信の傍受を目的とする巨大な円形のケージ型アンテナ施設の通称。高さ数十メートルの鉄塔が同心円状に配置され、直径は数百メートルになる。沖縄県読谷村や青森県三沢市米軍基地に設置されていた。自衛隊も同様の施設を喜界島など3か所に配備している。ウーレンウェーバーアンテナ。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

象の檻の関連キーワード360度評価モノコックボディ360°モンキーズ山内崇杉浦双亮アラウンドパイロンフィギュアエイト位相角(図形)軽自動車

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

象の檻の関連情報