コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八雲御抄 やくもみしょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

八雲御抄
やくもみしょう

鎌倉時代前期の歌学書原名『八雲抄』。順徳天皇編著。6巻。承久の乱 (1221) 以前に稿本はできていたが,乱に敗れて佐渡に遷幸後改訂を加え,院の最晩年に完成したと考えられる。和歌六義になぞらえて6巻から成る。巻一「正義部」は和歌の六義,分類,歌病,歌合判詞のこと,歌学書などについて。巻二「作法部」は歌合,歌会の次第,和歌の書式,披講撰集などに関する知識の集成。巻三「枝葉部」は作歌素材の列挙。巻四「言語部」は語句,故事,成句などの解釈や説明。巻五「名所部」は歌枕 (歌に詠まれる地名) の分類,整理。巻六「用意部」は作歌に際しての心構えと和歌史の概略を説く。歌論としては,巻六に注目すべき論がある。巻四は国語学史的にも見逃せない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

やくもみしょう〔やくもみセウ〕【八雲御抄】

鎌倉初期の歌学書。6巻。順徳天皇著。成立年未詳。古来の歌学・歌論を系統的に集大成したもの。八雲抄。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

やくもみしょう【八雲御抄】

鎌倉前期の歌論。順徳天皇著。承久の乱(1221)ころ原形が成った草稿本と,加筆訂正して藤原定家に書き送られた精撰本とがある。歌の種類や制約(正義部),歌合や撰集の先例(作法部),歌に詠むべきことば(枝葉部),歌やことばの解釈(言語部),歌論(用意部)などについて述べ,6部6巻から成る。幽玄を賞揚している点,従来の歌学書を集大成した点に特色を有し,後世の歌学に大きな影響を与えた。【赤瀬 知子】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

やくもみしょう【八雲御抄】

歌学書。六巻。順徳院著。鎌倉初期の成立。正義・作法・枝葉・言語・名所・用意の六部より成る。それまでの歌学・歌論を組織的に集大成したもの。八雲抄。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

八雲御抄
やくもみしょう

鎌倉初期の歌学書。順徳(じゅんとく)天皇の著作。1221年(承久3)より前から執筆、承久(じょうきゅう)の乱(1221)後、佐渡の配所で手を加えてまとめられた。六巻。草稿本と再撰(さいせん)本とがあり、内容も若干の相違がある。巻一は正義部(六義や歌体、歌病(かへい)などの解説)、巻二は作法部(歌合、歌会や撰集などの作法に関する知識、記録を集めたもの)、巻三は枝葉部(天象、地儀以下17部についてことばをあげ、解説を加えたりしたもの)、巻四は言語部(世俗言=普通のことば、由緒言=由緒あることば、料簡言=難解なことばの三つをたてて多くのことばを解説)、巻五は名所部(名所の場所や出典を示したもの)、巻六は用意部(著者の歌論の披瀝(ひれき))。古代歌学の集大成であるとともに中世歌論の基盤となった名著で、いまでは散逸した書からの引用も多く、資料的価値も絶大である。[井上宗雄]
『久曽神昇著『校本 八雲御抄とその研究』(1939・厚生閣)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の八雲御抄の言及

【歌論】より

…ただ,平安朝時代の美的理念をあらわす批評語であった〈あはれ〉〈たけ高し〉〈をかし〉等と比べると,〈幽玄〉〈有心〉はいちじるしく内面化の傾向を強め,思想性を濃厚にもつ点で中世的理念としての特色をもつのであって,その点を考慮に入れれば,鵜鷺系歌論書に論じられた〈幽玄〉〈有心〉もまた,歌論史の大筋をたどる上で重要な意義をもったのであった。《後鳥羽院御口伝(ごくでん)》,順徳院《八雲御抄(やくもみしよう)》は,俊成,定家の論を踏まえつつ,歌人論,作品論にあらたなる展開を示している点で注目され,鴨長明《無名抄(むみようしよう)》も,〈幽玄〉に言及している。 その後,定家の子の為家の《詠歌一体(えいがいつてい)》(偽書説もある)が平淡美を主唱し,京極為兼の《為兼卿和歌抄》が〈心のままに詞の匂ひゆく〉表現をよしとして,いっそうの心の重視を説いた。…

【てにをは】より

… 〈て,に,を,は〉の4語は古く《万葉集》にも,その文法的機能の特性がすでに意識されていたことを示す歌がみえ,今日でも使用度数のひじょうに大きい助詞であって,〈をこと点〉の点図中の主要位置を占め,1類の語の代表としてよばれるのは不思議でない。漢文訓読に際して発したのであるが,鎌倉時代には順徳院の《八雲御抄(やくもみしよう)》のように,歌学上の術語として助詞や助動詞の用法の適否を論ずるのにこの名を用いることになったのである。藤原定家の著と伝えられてきたが,鎌倉末期か室町初期の成立とみられる《手爾葉大概抄(てにはたいがいしよう)》は,語を〈手爾葉〉と〈詞〉とに大別し,対比させている点が注目される。…

※「八雲御抄」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

八雲御抄の関連キーワード中野小左衛門(初代)連歌式目無心所着類聚歌林和歌四式藤原雅経蜻蛉日記貞成親王井上宗雄御手洗川八代集安宅関荒磯海紀時文有心連歌癖む無心俳論

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android