コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

曾禰好忠 そねのよしただ

5件 の用語解説(曾禰好忠の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

曾禰好忠
そねのよしただ

平安時代中期の歌人。曾根とも書く。丹後掾 (たんごのじょう) だったので,曾丹 (そたん) と呼ばれた。歌人としてはすぐれていたが,性格的に偏屈な点があり,不遇な生涯をおくった。歌風は古語や俗語を取入れたり,新奇な語法を用いたりした清新さに満ちたもので,形態的にも受領層歌人の生活感情を連作によって提示する百首歌を創始した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

曾禰好忠【そねのよしただ】

平安中期の歌人。生没年不詳。生涯卑官にとどまったらしいが,家系・官歴ともに不明な点が多い。伝統になずんでいきづまった歌風の革新を早くから試み,新奇な用語や句法を取り入れたり,百首歌や〈毎月集〉などの新しい連作形式を試みるなどして,歌壇に新風をもたらした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

曾禰好忠 そねの-よしただ

?-? 平安時代中期の官吏,歌人。
延長元年(923)ごろの生まれで,長保5年(1003)ごろ死去か。あたらしい形式で個性的な和歌をつくったが,奇行でも知られた。ながく丹後掾(じょう),六位にとどまったため,曾丹(そたん),曾丹後とよばれた。作品は「拾遺和歌集」以下の勅撰集に94首ある。中古三十六歌仙のひとり。家集に「曾丹集」。
【格言など】由良のとを渡る舟人かぢを絶え行方も知らぬ恋の道かな(「小倉百人一首」)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

曾禰好忠

生年:生没年不詳
平安時代の歌人。家系,経歴とも不明だが,天徳4,5(960,61)年ころ30歳すぎであったことが知られる。また,丹後掾 であったことから,曾丹後,曾丹と通称された。貞元2(977)年の三条左大臣歌合に後日召されて歌を献上したほか,いくつかの歌合に出詠しているが,永観3(985)年の円融院の子の日の御遊に,召されていないのに出席して追い出された事件は有名である。家集『好忠集』は,1年の日数に合わせた360首からなる毎月集と百首歌(100首を単位として詠まれた和歌),およびその百首歌への源 順 の答歌の100首などからなっているが,このうち毎月集は,1年の生活感を主な主題に,季節の風物や年中行事などをも所定の場所に詠み込みつつ,1日1首の形で四季,月,旬に区切って構成された画期的な試みである。また百首歌という形もこの好忠の作に始まるとされ,恵慶,源重之など多くの歌人に模倣されて,後代に多用されるさきがけとなった。ともに貴顕に命ぜられたのではなく,歌人がみずからの感懐を多くの歌の組み合わせによって一世界に構成しようとしている点が注目される。その発想や用語には新奇なものが多く,『後拾遺集』に採られた「鳴けや鳴け薄が杣のきりぎりす過ぎゆく秋はげにぞ悲しき」の歌の「薄が杣」の語などは,藤原長能に常規を逸した表現として非難されたが,一方で次代の新風を導いた要素も大きい。『拾遺集』以下の勅撰集に90首以上が入集している。

(山本登朗)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

そねのよしただ【曾禰好忠】

平安中期の歌人。生没年不詳。姓は曾根とも記す。通称は曾丹,曾丹後。家系や父母の名も不明。丹後掾として六位の卑官にとどまったため宮廷貴族に侮られ,〈曾丹〉と呼ばれた。また,円融院の子(ね)の日の遊びのときに,召しもないのに卑しげな狩衣姿で参上してとがめられ,ついに衣のえりをつかまれて引きずり出されたといった逸話も伝えられている(《今昔物語集》巻二十八)。源順,大中臣能宣,源重之ら当時の受領層歌人と交流しつつ,下級貴族に固有な不遇意識を先んじて表現し,彼らに影響をあたえた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の曾禰好忠の言及

【曾丹集】より

…歌集。平安中期の異色歌人として知られ,丹後掾の卑官であったために〈曾丹〉と略称された曾禰好忠の家集。1巻。…

※「曾禰好忠」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

曾禰好忠の関連キーワード斗代因幡王朝時代孫姫式在五忌おがち安法藤原輔相若宮年魚麻呂

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

曾禰好忠の関連情報