コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

象限電位計 しょうげんでんいけいquadrant electrometer

1件 の用語解説(象限電位計の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

象限電位計
しょうげんでんいけい
quadrant electrometer

金属の円筒箱を直角に4分割した電極の間に蝶形の電極板をつるし,これに一定の電位を与え,分割した電極の対角のものを共通にして2組の間に電位差を与えると,つるした電極板が回転する。この回転角から電位差を測定する電位計

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の象限電位計の言及

【検電器】より

…静電力を利用し電荷を指示する装置が用いられる。コンデンサーの両極にチャージされた電荷の静電引力を回転変位に直す象限電位計,金またはアルミニウムの薄い2枚の金属箔をつり下げ,帯電による反発力を利用する箔検電器などがある。放射線検出に用いられる線量計も一種の検電器である。…

※「象限電位計」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone