コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

象限電位計 しょうげんでんいけいquadrant electrometer

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

象限電位計
しょうげんでんいけい
quadrant electrometer

金属の円筒箱を直角に4分割した電極の間に蝶形の電極板をつるし,これに一定の電位を与え,分割した電極の対角のものを共通にして2組の間に電位差を与えると,つるした電極板が回転する。この回転角から電位差を測定する電位計。四象限電位計という。普通,つるした電極には 100V程度の電圧を与え,10-3V 程度の電位感度が得られる。このほかに二象限電位計もある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の象限電位計の言及

【検電器】より

…静電力を利用し電荷を指示する装置が用いられる。コンデンサーの両極にチャージされた電荷の静電引力を回転変位に直す象限電位計,金またはアルミニウムの薄い2枚の金属箔をつり下げ,帯電による反発力を利用する箔検電器などがある。放射線検出に用いられる線量計も一種の検電器である。…

※「象限電位計」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

象限電位計の関連キーワードケルビン(William Thomson 1st Baron Kelvin of Largs)コンプトン検電器

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android