コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

電位計 でんいけい electrometer

翻訳|electrometer

5件 の用語解説(電位計の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

電位計
でんいけい
electrometer

帯電している導体間の静電力を測ることで,電位差または電気量を測定する計器。代表的な電位計として,4分割された円筒状の金属箱中に電極板をつるし,電位差を与えて生じた板の回転角から測定する方式の象限電位計や,入力と並列の電気容量を変化させて直流の入力を交流に変換したのち増幅してその出力を読取る方式の振動容量電位計などがあげられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

でんい‐けい〔デンヰ‐〕【電位計】

静電気を利用して電位差電気量を測定する装置。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

でんいけい【電位計 electrometer】

エレクトロメーターともいう。電位を測定する計器。電位,電圧など,電源の内部抵抗が高い場合に電流をとらないで正確な測定をすることができる。電位計真空管または電界効果トランジスターを利用した直結合増幅形,入力コンデンサーの電極を振動させることにより印加直流電圧に比例した交流電圧に変換し,交流増幅する振動容量形がある。ふつうに用いられる電圧計に比べ,入力抵抗が1014~1016Ωと非常に高く,放射線静電気絶縁材料などの分野で,電位,絶縁抵抗,電荷,微小電流などの測定に用いられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

でんいけい【電位計】

静電力を利用して電気量または電位を測定する計器。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

電位計
でんいけい

回路の2点間の電位差を測定する計器。帯電した導体間の静電引力や反発力を利用したもので、回路から動作電流をとらずに測ることができる特長をもつ。摩擦電気や結晶体の圧電気のように、高電圧ではあるが電流がとれないような場合や、内部抵抗が高い電源の起電力を測る場合、あるいは電流を流すとプラスマイナスの分極作用を生じて正しい起電力が測れない場合などに用いられる。代表的なものは、金属製の4分割された円板間に針金でつり下げられた可動片によって測る象限電位計で、電位のほかに微小電流、低力率などの測定にも利用できる。しかし、取扱いがめんどうで熟練した技能を必要とするため、21世紀に入るころから電子回路を利用して、これらの煩わしさを除いたデジタルマルチメーターが広く使われてきている。[高尾利治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

電位計の関連キーワードエレクトロメータースペクトロメーターポテンシオメーターエアマイクロメーターエレクトロニックメールエレクトロン焼夷弾オプチメーターボルタメーターpHメーターエレクトロダイナモメーター

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone