コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

貝の殻のはずし方 かいのからのはずしかた

食の医学館の解説

かいのからのはずしかた【貝の殻のはずし方】

・カキ
(1)貝の平らな部分を上にして左手に持ち、右手でドライバー(バターナイフなどでもOK)をちょうつがいに差し込み、貝柱を切る。
(2)殻(から)の上部を取り外し、下部の殻からも身をはがす。
・サザエ
(1)一方の蓋(ふた)のはじを押し、反対側の蓋が持ち上がったら、つまようじを差し込み、蓋をはずす。
(2)身につまようじを刺し、回しながら身を引きだす。取りだしたら、内臓を切り離しておく。
・アワビ
(1)身に塩をすり込んで、たわしでこすりながら、ぬめりをきれいに洗い落とす。
(2)水洗いしたあと、しゃもじを殻の薄いところに差し込み、ゆっくり身をはがす。
・ホタテガイ
(1)殻の平らな部分を上にして左手に持ち、右手でドライバー(バターナイフなどでもOK)を殻のすきまに差し込み、ねじあける。
(2)殻の上部についている貝柱を取りはずし、上部の殻もはずす。その後、殻の下部の貝柱も切り、身をはがす。
◇貝をむき身にすると何g?
 たくさん貝を買ったつもりでも、いざ調理してみると「あれ!? 意外と少ない」と思ったりするもの。殻を取り除くと、身は少なくなります。たとえば、アサリは全重量の35%、カキは75%、シジミも75%、ハマグリも60%を貝殻が占めています。

出典 小学館食の医学館について 情報

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android