コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

貝鞍 カイグラ

デジタル大辞泉の解説

かい‐ぐら〔かひ‐〕【貝×鞍】

《「かいくら」とも》鞍橋(くらぼね)の一。鞍橋の表面に、夜光貝青貝で文様を刻んではめ込み、漆を塗って研ぎ出したもの。螺鈿(らでん)の鞍。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android